株式会社ニシアツ|(コンテナ洗浄 カゴ洗浄 折コン洗浄 運送 人材派遣)

トップページごあいさつ会社施設社員紹介会社概要
業務内容会社の歴史行動理念売上推移アクセス
         

 

 

 

 

 Topics 〜 メディアに掲載されました 

 

物流日本新聞 平成17年8月 掲載より

ニシアツ
買い物かご洗浄  メンテ部立ち上げ

建設資材や日用雑貨、利用運送事業がメーンの ニシアツ (黒井寛社長、福岡県粕屋郡新宮町)は一日からスーパーマーケットや量販店で使用するプラスチック製の買い物かごの洗浄・メンテナンス事業をスタートさせた。
洗浄メンテナンス部を立ち上げ、2トンパワーゲート車3両と作業員5人を専属に充て、かごの集荷、洗浄、メンテナンス、配送を一貫して請け負う。
洗浄施設には、高圧水流による汚れ落しから熱湯・洗剤による殺菌、温風乾燥まで全自動で行うコンベヤー式洗浄機を設置。
毎月1万個のかごを取り扱い、台車の修理や一時保管も手掛ける。
黒井社長は「事業の柱の一つに育てたい」と話している。

買物籠(カゴ)洗浄メンテナンス事業詳細ページ


 
 

物流日本新聞 平成17年8月 掲載より

事故の恐ろしさ再認識
ニシアツ安全講習 協力会社からも参加

ニシアツ (黒井寛社長、福岡県粕屋郡新宮町)は、1日安全講習会を開き、ドライバーや運行管理者、協力会社の社員ら50人が参加した。
黒井社長は「経営環境は厳しさを増しているが、安全対策を怠ることは許されない。交通事故は企業の存続を左右する。関係者が一丸となって輸送の安全確保に取り組もう」と呼び掛けた。
エヌ・ケイ・リスクコンサルティング(井口保次郎社長、東京都千代田区)自動車安全センターの柴田俊一センター長が「交通事故のメカニズムと危険を予見した運転」をテーマに講演。「車の運転は日常生活の一部になっており、危険の感受性が鈍くなる。事故の恐ろしさを再認識すべき」と指摘した。
講習会終了後、安全運転適性診断者で全ドライバーがハンドル操作や動体視力の検査を行った。

平成18年度安全講習会の様子
 
TOPへ戻る